楽天銀行カードローンの審査で落ちてしまった場合

 

 

ネットで申し込めて即日融資も可能ということで、今大人気の楽天銀行カードローン。

 

通常カードローンの審査にはご自分の返済能力を示す書類として収入証明書などの提出が必要ですが、楽天銀行カードローンの場合、借入限度額が100万円以内であれば、原則として収入証明書を提出する必要がありません。

 

利用に関しても、アルバイトやパートの方も利用できるという便利な銀行カードローンです。

 

利用条件として一つ注意しなければならないことがあります。楽天銀行カードローンの場合、年収が300万円以下の方の場合、審査ではねられてしまうケースがほとんどであるということです。ただ年収がこれ以上ある方に関しては、使い勝手のよいカードローンですので、カードローン選びにマ迷っている方には、ぜひお勧めです。

 

では楽天銀行カードローンを申し込んだにも関わらず、審査ではねらてしまったとします。次回からの申し込みに備えて、なぜ審査ではねられてしまったのか、よく考えてみるようにしましょう。申告内容に間違えがあったということもありますし、申し込み条件に適っていなかったということもあるかもしれません。

 

審査に落ちたからといって、すぐさま他社のカードローンに申し込みことは控えましょう。また楽天銀行カードローンにも今後半年間は申し込みをできないことになっています。カードローンの審査が落ちたという情報も、返済延滞などの事故記録と一緒に信用情報機関に保管されてしまいますので、他社のカードローンに申し込んだとしても、審査において不利な扱いを受けてしまいかねません。

 

審査に落ちた原因について考えてみましょう!

 

審査に落ちたとしても、その理由については楽天銀行カードローン会社からの説明は一切ありません。しかし今後の申し込みのことを考えると、なぜ審査ではねられてしまったのか把握しておく必要があるといえます。こうした場合オンライン上で審査をシミュレートすることのできるサイト、たとえば「くらべる君」などの利用が便利です。

 

このようなサイトでは、基本的な事項を入力するだけで、各カードローン会社の審査基準などに沿ったシミュレートを自動で行います。これにより、どのような点がひっかかって審査ではねられてしまったのか、大体のところが把握できる場合があります。このようなサイトはもちろん申し込む前に利用すると、さらに便利かもしれません。