専業主婦は融資を受けることができないというのは大間違いです。

 

 

専業主婦は融資を受けることができないというのは大間違いです。

 

最近は即日融資が可能なカードローンが人気を集めています。実はこのカードローンを利用する人々には、一般のサラリーマンや自営業者だけではなく、家計を担う専業主婦も多くいるのです。ではなぜ、このようなローンが専業主婦に人気があるのでしょうか。

 

主婦に人気のカードローン

 

その答えは、2010年に改正された貸金業法にあります。この改正の柱の一つとして「融資金額の総量規制」が導入されました。総量規制とは、「融資金額の合計の上限を年収の3分の1とする」というものです。これにより、家計を担う専業主婦が、家計のやりくりのために『消費者金融』からお金を借りることができなくなってしまったのです。

 

しかし、ここで早とちりをしてはいけません。総量規制を定めた貸金業法は『消費者金融などの貸金業者に適用』されるものであり、『銀行のカードローンは総量規制の対象外』なのです。従って、専業主婦でも銀行のカードローンであればローンを組めるのです。

 

銀行側もこのようなニーズを反映して、柔軟なカードローンプランを扱うようになってきました。たとえば、収入のない専業主婦でも一定限度額内であれば収入証明書を提出しなくても即日ローンの融資を受けることができるといったプランや、家族の同意が無くても融資が可能なプランなどです。

 

主婦が利用できるカードローンの欠点

 

最も、こういったカードローンにも欠点はあります。ローンの限度額が一般的なローンと比べて低く抑えられていることです。従って、急に大きな金額が必要になった、という場合にはあまり向いていません。

 

しかし、「急な出費がかさんでちょっとお金が足りないけど、どうしても今必要」といったような場合には、力強い味方になることでしょう。急にちょっとしたお金が必要になったという場合、「ローンは嫌」と毛嫌いせずに、自分に合うプランは無いか、調べてみるのが良いでしょう。

 

最後に、「ご利用は計画的に」。これを忘れてはいけません。あくまでもお金を借りたという意識をもち、計画的に利用することを心がけましょう。